差をつける30歳からの転職

転職をしようと決めた際、振り返っておきたいポイントが2つあります。転職理由、再就職先の目処、また今後のなりたい自分の姿などです。何も目処が立たないまま無謀に転職してはいけません。

 

 30歳からの転職は計画性が重要です。下記ポイントを押さえ、転職を成功させましょう。

 

【転職理由はポジティブか】
 よくあるのが「スキルアップの為」という転職理由です。30歳からの転職はスキルアップを目指す方も多いですし、ポジティブかつ向上心にもつながるので、再就職先での面接時にも堂々と伝えやすいです。

 

 しかし、そうではなく「会社に嫌気がさした」「賃金が低い」などマイナス理由での転職は、面接時にそのまま伝えてはいけません。どんなに待遇が悪く所謂ブラック企業と呼ばれるような企業だったとしても、前職の勤め先を悪く言うような事は再就職先から見ればかなりのイメージダウンです。

 

 その場合は言い回しやニュアンスをかえポジティブな印象にするか、もしくは現状の自分は改善を努めたのかをもう一度振り返りましょう。

 

【転職を繰り返していないか】
 短期間で転職を繰り返す事は3度以上続けるのは控えましょう。いかなる理由があるにせよ、短期での転職が続いている人は書類選考時に印象が下がります。

 

 仕事に苦しい思いや辛い事象はつきものです。「3年後には転職する」と割り切った上で、思いとどまることで次の再就職先の可能性が広がる場合もあります。目先のことではなく、3年後、5年後の自分の姿を見据えて転職計画を立てましょう。

 

 一時のテンションで転職は決めてはいけません。絶対に後悔しないか自分へ問いかけ、今よりもより良い自分になる為の転職にしましょう。

 

 

 

おすすめサイトのご紹介
女性の転職は諦めてはいけない
女性でも転職を成功させることは出来ます!