30代前半の転職状況について

 大学を卒業して社会人になりある程度仕事に慣れた頃に、「このままの職場で働いていて良いのだろうか」と悩む人は少なくありません。

 

 自分のやりたかった仕事内容と違う、待遇が不満などの理由で30代前半で転職活動をする人がいますが、転職状況はどのようなものになっているでしょうか。30代前半で転職活動をした人に対するアンケートから、就職状況を探っていきます。

 


 まず30代前半で転職活動をした人の実感として、転職活動が不利だと感じた人は全体の30%ぐらいでした、年齢を重ねるごとに転職が難しくなる状況はありますが、30代前半であればそれ程影響はないと言えます。

 

 転職活動期間については、短い時間で集中して活動をして、新しい就職先を決めるという人が多いです。1〜3ヶ月以内で仕事を決めたという人が60%という状況にあり、1年以上かかったという人は全体の5%程度です。応募した企業は1〜5社程度だという人が多く、事前に自己分析などをしっかりして計画を立てておき、短期で転職活動を成功させるという流れにあります。

 

 また気になるのは転職後の収入が上がるかというところですが、半数の人が上がったと答えています。半数の人は変わらない、下がったという人がいて、この辺りは人によって差が出てきます。今までのお給料に不満があって転職するのであれば、新しい職場でのお給料を事前に確認しておきましょう。

 

 入社後にハンディを感じないという人も多く、この時期に転職活動をして満足したという人が多いです。年齢を重ねたら転職活動の成功も難しくなりますので、30代前半はチャンスの時期と言えます。