転職市場での自分の立ち位置を知ろう。

「転職は競争の側面をもっている」

 

 誰もが転職するなら、自分の希望に沿った企業に入社したいものです。転職というのは一種の戦いの側面があり、他の転職希望者との競争という側面もあります。応募者を募っている企業には、多くの応募があることは今や常識のようになっています。

 

 企業の採用枠には限りがあるため、応募者の中から相対的に採用する人材を絞り込んでいきます。そういった環境の中で、自分は何を企業に対してアピールしていくかを戦略的に考えていくことが求められます。

 

「転職市場における自分の立ち位置」

 

 前述したように、転職というのは企業が相対的に応募者を選考し採用を決めていくものです。そのため、応募者側は望むか望まないかは別にして、競争の中にいます。そのため、まず自分が転職市場の中において、どの立ち位置にいるのかを冷静に見つめていくことも重要になります。

 

 転職市場における立ち位置とは、年齢や学歴、キャリアなどの様々な要因を総合的に判断した「今」の自分です。自分の立ち位置を知ることによって、応募する企業を大きく間違うことは無くなっていきます。自分を必要としてくれる企業はどういう企業なのか。自分を活かせる企業はどういう企業なのか。自分の転職市場における立ち位置を知ることで、今後に行動していく上で重要な方向性が見えてきます。