転職をする前に今一度立ち止まって考えてみてはいかが

 転職を決意する理由というのは本当に人様々かと思いますが、中でも多いのは上司と相性が悪いだとか、人間関係によるものが非常に多いと聞きます。

 

 ですがこういう理由で転職をした場合、転職先でも結局同じような悩みを抱える可能性も非常に多いのです。何故なら人間関係の悩みというのは自分と他者との関係性によって初めて生じるのであり、それはつまりもしかしたら自分の方にも改善すべき点があるかもしれないからです。

 


 私の知り合いに転職を何度も繰り返している人がいますが、その人は行く度に人間関係が今の職場が最悪だと嘆いています。でもその人と同じ職場で働いている人の話を聞いてみると非常に働きやすい職場ですと答えていたんですね。

 

 この場合はもしかしたらその人の行く先々の人が悪い人達ばかりなのではなく、その人の仕事の進め方や同僚や先輩、上司との連携の仕方や作法や言葉使い、その他諸々のコミュニケーションに関する問題がある可能性も考えておいた方がよいのではと思うのです。

 

 以上のようなケースもありますから、もしも転職をしたいと今考えており、そしてそれが職場における人間関係全般に関する悩みから逃げ出したいというものであるならば、一呼吸おいて自分を客観的に観察し、分析し問題点を洗い出してみるいい機会にめぐり合えている時期なのかもしれません。後悔のないように、自己分析をしてみると新たな見え方が生まれるかもしれませんよ。