コネ転職のメリット・デメリット

 現在の仕事を辞めて新たな仕事に転職する際に、親族や知人などのコネクションを活用するというケースも多々みられます。そもそも現在の不安定な経済状況の中では、何ら後ろ盾を持たず転職活動を行うことはリスキーな行為でもあるため、コネを利用した転職はある意味非常に安定的・合理的です。

 

 では、コネ転職と通常の転職における違いはどのような点があるでしょうか。以下では、コネ転職のメリット・デメリットについてご紹介していきます。

 


○メリット
 コネ転職の最大のメリットは、仕事内容を自身の希望したものに合わせやすいという点です。また、完全な新入社員と異なり、既に社内に知人がいることから人間関係の構築も通常に比べるとかなり容易であると言えます。その他、高待遇で雇われたという声も多く聞かれているため、コネ転職にはかなりメリットが豊富であると考えられます。

 

○デメリット
 デメリットとして多く聞かれたものは、入社当初から周囲の期待が大きいというものがありました。確かにその他の新入社員と異なり、採用過程をスルーして入社してきているわけですから、同僚・上司からの期待が高まることは想像に難くありません。また、逆にコネで入社してきていることを理由に仕事内容を評価されずに悩んでいるという声も頻繁に聞かれます。

 

 その他、コネで入社する場合、事前に企業のことを調べずに入社してしまうケースが多く、想像していた仕事とかけ離れた仕事を任され困惑してしまうことも多いとされているため、事前にしっかりと調べておくことは重要です。