ハンディを持っている場合の転職活動の行い方

 転職活動や採用面接における核となる要素として、志望理由と自己紹介と将来へのビジョンの3点です。また、自分の長所などにおいて、自分に関して様々な角度から採用担当者が突っ込んできます。応募者にとって、採用担当者から見たハンディは気になるのが当たり前です。しかし、転職活動のハンディはこれまでの人生の過程の一つであって、他の応募者よりも不利とみなされるハンディという事実は、今さら変える事ができなくて、修正も効かないからです。従って、転職回数が多いなどのハンディに萎縮してはいけないです。

 

 自分のハンディに関しては、現時点でどのように感じているかを的確にとらえて、今後はどのように修正していって、どのようにハンディを乗り越えていくかを採用担当者は知りたいのです。

 

 転職活動における訪問での面談や面接の場においては、採用担当者が圧迫しながらの質問を行ってくる場合もあります。仕事の現場において、完全にスムーズに仕事が進むということは決してありえないです。クライアントから文句を言われたり、無理な仕事をさせられたり、クレームを発するなどの場面も多々あります。圧迫な気持ちがこもった質問をされた場合は、クライアントからの様々な態度に対応できるかどうかを見極めるための質問である事を認知する必要があります。

 

注目情報
60歳以上の求人
60歳以上の求人を見つける方法

 

 採用担当者は、うわべの人間を知りたいのではなくて、応募者の本来の姿を知りたいのです。従って、転職活動や面接においては、自分の素の姿を見せる事が目的であるという認識を持って、様々な転職活動に励みます。