20代から30代の年齢層にかけての転職のアドバイス

 20代や30代の年齢における転職で気をつける事は、会社に新入社員として入社して、自分の実感として実務経験を積まないうちに転職を考えてしまう事です。

 

 一般に会社に入社して転職を行う基準としては、5年の経験が必要であるが、実務経験を積んでいないという実感がなければ、経験の年数や年齢に関わらず転職を考えるべきではないです。逆に入社して実務経験を積んだという自信があれば、入社してから5年以内に転職をする考えを持っても良いです。

 

 仮に1年から2年ぐらいで他の会社に転職してしまうと、実務経験はほとんど身についていない場合が多いが、30代の場合は逆に1年程度でも前職における実務経験があるので、キャリアアップを深めたいという考えを持ったり、出世を考えている人にとっては転職を行う方がむしろ良いです。

 

 30代の転職を考えている場合において、ほとんどのサラリーマンが実務経験を10年以上積んできていて、中堅の人材として多くの企業が歓迎されます。転職は当たり前の行動となっている時代で、30代のうちに一回ぐらいは転職する事を考えるほうが良いです。

 

【人気サイト】
仕事探し 20代
20代の仕事探しは下準備が重要です!

 

 30代の転職で重要な事は、会社の業務におけて自分の専門性を深める事を主眼として、転職活動を行っていく事です。30代になるとある程度の業務や社会などの専門性が身について、仕事が充実してくる頃なので、将来を見据えた自分の経歴を作っておく事です。できれば30代の前半までに将来における経歴の方向性を作っておく事です。